動きと精神の関係性

0
893
Staccato Legato

こんにちは道脇です。

 

チェーホフ&ジンダーメソッド2回目です。
チェーホフ&ジンダーメソッドは体感型のワークで理屈では説明できないけど何かを感じる事が出来るのでやっていて面白く、毎ワーク事に新しい発見があります。

今回は動きと精神の関係性を感じることの出来るレッスンをやりました。
「Staccato/Legato」という2つの違う種類の動作をしてその違いを感じました。
Staccatoは素早く動き止めて力を抜く、エネルギーの放出を意識し動作する。
Legatoは太極拳のように、ゆっくりとした動きでエネルギーの保持を意識し動作する。
ダンスみたいにStaccato/Legatoを使い右左前後上下に動き、慣れてきたらStaccato/Legatoを使ったインプロをやりました。

Staccatoの時は積極的で攻撃的な性格になり
Legatoの時は適当でゆとりのある性格になりました。
動作の種類を変えるだけで内面まで変化したので驚きました。

バスジャック
その次は、チェーホフの「安」の感をやりました。
言葉で説明するのは難しいのですがゆったりとした穏やかな気分でリラックスした状態になりました。
この感覚を維持しながら早く動作することも誰かと格闘し激しい動きをすることも出来ました。

また、「安」の感を感じたままバスジャックのインプロをやりました。
緊張感が全く無いバスジャックになってしまいました。
外的な変化が起きても内面を維持し続けることができた事に驚きました。
StaccatoとLegatoと「安」の感、共に動きや外的な刺激が内面の変化について与える影響を感じることが出来た貴重なワークでした。

サッカーのロッカールーム