7/7 チェーホフ&ジンダー 七夕

0
584

7/7 チェーホフ&ジンダー ジンダーでは『Song circle』
最初は、1人リーダーを決め、リーダーの出す非言語のフレーズを真似して歌う。リーダーは適宜フレーズの変更をして良い。
次に、最初は真似して同じフレーズから始めますが、思いついて違うフレーズを歌いたくなったらそのフレーズを歌う。他の人も、乗っかっても良いし、全く別のフレーズを歌っても良い。(だから皆同じ事もあれば、全員バラバラの事もある)
続いては、歌ではなくボディパーカッションで同じことを。拍手したり、床を叩いたり、脚を叩いたり、足を踏み鳴らしたり…で同じ2パターン。
いずれも即興で歌やリズムを作るので、音楽性が問われましたが、それ以外でも、個別での即興の時には、全体の音を聞いて少し違うフレーズやリズムを如何に効果的に入れるかが、難しくもあり、楽しくもありました。
フレーズなど、どうしても言いやすいものになってしまいがちなのが反省点。

続いてのチェーホフはAtmosphere空気、雰囲気です。
実際に体験した空間をイメージする…と意外と第三者に伝わる!?
次にコンビニ店内、裏路地、植物の近く(で触れてくる)という空間を体感すると感覚や衝動にどのような変化がおこるか。
その後、あまりイメージしにくい空間やイメージしたくない空間(状況も含め)に置かれた時に、心と体がどのように反応するか。
イメージするだけでも、心身ともに影響を大きく受けるのを感じました。
と、同時に感じることの重要性も痛感しました。頭先行にならないためにも、自分を信じる事がたいせつですね。