6/6 ゾンビゲ-ムと骨董品

0
640

6/6 ゲ-ム&インプロクラス

◎ゾンビゲ-ム

円になり、中央にゾンビ役を配置します。ゾンビ役の方は外側に立っている人に向かって歩いていき、狙われた方は肩にタッチされる前に誰かにアイコンタクトをし、名前を呼んでもらえればセ-フです。焦ると分かっているはずの名前がとっさに出てこなかったり、どんな状況でもリラックスした状態を保つことが必要だと思いました。

◎インプロコンフリクト「骨董品」

客 : 最近骨董品に目覚めた。まだ知識はそんなにないものの、素晴らしい一品と出会えれば購入したい。

主人 : どうやら客は骨董品のことをよく分かっていない。非常に入手困難でとても価値のあるものと嘘をつき、安物を高価で買わせたい。

お客さんにいかに堂々と商品の魅力を伝えられるか、相手の懐に入るための接客術やコミュニケーション能力が必要になると思います。私は相手の隙に付け入ろうとするあまり、不自然な押し売りを繰り返してしまったため逆にすごく怪しまれてしまいました💦まず、相手の話に耳を傾け、いかに相手のニ-ズに答えた接客が出来るか、その上で自分の伝えたことを伝えるそのバランスが重要になってくると思います!

石田