チェーホフ&ジンダー 第二回

0
638

チェーホフ&ジンダーメソッドクラス、第二回は「The Energy Circle」からスタート。
「は!」という声と手を叩いて相手エネルギーをぶつけるワークです。
芝居の基本である「受け取る」、「与える」をしっかり意識できるワークでした。
初めは皆で輪になって隣の人に「は!」っとしていきましたが、それを色々な人に向かってやっていくなどしました。

続いて「Staccato/Legato」
動きの型を教わりました。
言葉では説明しづらいですが、
6方向、右、左、上、下、前、後に身体のエネルギーを飛ばすような型です。
スタッカート、レガートというように、その動きを早くキレ良くやるのと、ゆっくり流れるようにするパターンでやりました。
しっかりやるとじんわり汗が滲みます…。

「Feeling of Ease(安の感)」というワークもしました。
翼のように両手を動かしながら、しゃがんだり寝たりするワークで、これをするととてもリラックスした状態になります。
そのあとにまた別パターンのスタッカート、レガートとして、日常の動作や相手との会話をスタッカート、レガートでやりました。
自分がスタッカート、相手がレガートの状態での会話の噛み合わなさはなかなか焦れったかったです…(笑)

最後に喋りと行動をスタッカート、レガート別々にやりましたが、とにかく難しかったです。
そういったところまで意識的に扱えるようになりたいですね。

リラックスの重要性、エネルギーの受け渡しの重要性を改めて感じるワークでした。