アドヴァンスクラス開始

0
881

今年度のアドヴァンスクラスが始まりました。昨年度一緒に学んできた人達とまた同じクラスで勉強できるのはありがたい事です。

最初は各自アドヴァンスを受けるにあたっての目標というか心意気を表明しました。やはり自分の芝居をもっとレベルアップさせたい思いが皆あるのが伺えます。

この日は与えられたモノローグ(相手役がいることが想定される)をどう表現するかが課題でした。

モノローグから想定される解釈を発表し合い、まずは個人の想像で演じてみました。次に、役の性質や特徴が書かれたクジを引いて今度はそれに合わせて変化させ、見る側にわかるよう工夫します。

ここで気づかされるのは、変化させる前もさせた後も、個人の発想や想像力だけでは限界があること。どうしても個人のクセや偏りが出てしまうことです。

 

その後は、相手役が存在して、意思を持って働きかけを行ったら、自分はどんな風に変わるのか…というのをやりました。

その場で起こっていることに浸る事で様々な感情が沸いてくるのを感じました。それでまた得意不得意が見えてくるのも、これまた良いことだと思います。