カメラとカジノ

0
1137
eye catch

お疲れ様です!矢野です!

今日は別役さん回。ゲームは「Eye Catch」

仕切りを置いたテーブルを向かい合わせに置き、相手の腕の動きが分かるようにします。そして、互いのテーブルに同じ順で並べられた電池、ロウソク、マジックペン、お手玉の四つのモノを相手が入れ替えるのを見て、頭の中でイメージをして頭の中で入れ替え、30秒かけて相手が入れ替えた四つのモノの順番を当てるというものです。前半は見てるだけ、後半は実際に相手に合わせて自分のテーブルにあるモノを入れ替えても良いというルールでした。

僕は去年もやったのですがやはり難しい!!ほぼ、最後あたりの物を置く音で判断していました(笑)主旨と違いますが!汗まあ、発想力を鍛えるという面、五感を活用するという面ではいいのかもしれません。という言い訳でフォローをしておきます。優勝したのは武内さん!「(物の)精霊の声を聞く女」というちょっとスピリチュアルな称号が与えられました(笑)色々と策を弄することにより想像力も鍛えられますし、集中力を使うので日々の稽古にも取り入れたいですね。

さてさて、本日のインプロは「カジノ」くじ引きで1〜5の番号を引き、数が少なくなるほど運が悪く、負けがち、多くなるほど運が良く、勝ちがちというふうに変化して演じます。また、今回は別役さんがカメラで撮影し、カメラが自分に向けられた時はカメラを意識して演じるという映像演劇も意識したインプロでした。やってみて分かったこと。映像演劇、難しい!!あまり動きが激しすぎると、カメラがついてこれないし、舞台での演技とは違い、エネルギーだけでは伝わらない。また、意識して分かりやすい演技をしすぎても、紋切り型のヤラセっぽい演技になるし、全く意識せずに小さな反応や感情だと、全く画面の外に伝わって来ない。バランスがとても難しかったです。

矢野なんてもう世紀の大根役者でした笑笑

情緒不安定な演技をしてるなあと衝撃でありました。自分の中では良い感じに演じたつもりでも外から見たらこんなにひどいのかと。しかし、やるっきゃない。稽古を続けて、精進するのみです。

退路などありませんからね!

春休みなんで自主練張り切ってやりまくりますよー!よっしゃーーーー!!!それではまた!!