2018年度パフォーマンスクラス始動!

0
455

どうも石田です。

2018年度パフォーマンスクラスがついに開講致しました!今年度の参加者は女性と男性二人ずつ。個性的な面々が集いました。これから3ヶ半かけて舞台公演にまつわるプロセスを学び、全員で実際に作品作りを行います。

大まかなプロセス

→脚本読解 (サブテクスト)

サブテクストとは氷山で例えると水中に沈んでいる部分であり、海面に見えている部分がオ-バ-テクストです。そのサブテクストの質が作品作りの質そのものに関わってきます。

→役作り Q&A役作りシ-ト作成

(本来ならこの間にI do I wantが入りますがこのクラスではカットです)

→Blocking(立ち稽古)

→(よりリアルな演技とキャラクターへの浸透のため、この間でインプロを行うこともあります。それとこれは私の個人的見解ですが、マンネリ化を打破しより有機的でクリエイティブな役作りにも繋がっているのかなと思います。)

→Run-Through(通し稽古)

→本番

(小道具・衣装・広告宣伝など裏方も一通り行います。)

基本的には何があろうとすべて自己責任です。そのぶん一人一人がより能動的に動かないといけませんね。他力本願ではいけませんね!

とパフォーマンスクラスの概要をお聞きした後は過去作品を鑑賞したり、実際に使用するスタジオの規模を確認したりしました。

そして最後は「稽古場」という短編作品で実際に立ち稽古を行い、別役さんからのフィ-ドバックを受けました。作り込む時間が短かったとはいえ、まだまだ詰め込める点が多いなと思いました。経験の浅さを痛感させられました。めっちゃ悔しいです!なので実際に稽古でフィ-ドバックを受ける際は自分たちで最低限の部分を作り込んで臨みたいと思います!

未熟さ故に厳しいお言葉を頂くこともあるかもしれませんが、これからはむしろそのようにご指導頂けるのかと思うとゾクゾクしますね- はぁ-(*´-`)

稚拙な文章ですが、最後までお読み頂き有り難うございました!