「Skylight」完! 6月9日 Advance

0
1877

お疲れ様です!!

スクール生の矢野です。

今週のアドヴァンスクラスは、Skylightの最終発表をやりました!

最終回ということで、小道具と衣装を自分達で用意して、イメージを固めて演じました。

最初に1回ずつやってみて、指摘されたのはテンポが悪いということ。

間は、取った方が良いときももちろんありますが

取りすぎると、テンポが悪くなり、エネルギーのやり取りが停滞し、演じてる側のエネルギーが下がって、つまらない芝居に繋がってしまいます。

テンポとは、緩急と強弱であり、両者は繋がっていると、別役さんから教えて頂きました。

そして、緩急と強弱を意識して、演じました。

最初は表面的にテンポだけを意識して、中身がないものになってしまったのですが、段々と中身が伴ってくるとエネルギーのやり取りがスムーズに行き、不自然な間がないおかげで日常に近いリアルなものに近づいていきました。

中間発表で、ビデオでとって確認し、後半戦に突入!

大分形になってきたので、ここで、動きを多く取り入れてやってみました。

形になるにつれて、毎回同じ場所、同じ動きを繰り返すようになっていたので、一度固まった自分の演技を「忘れて」新たな行動の可能性を模索してみました。

ここでは、ただ動くのではなく、理由を持って(自分の作った役のキャラクターからどんな目的を持ちそうか?どんな欲求を持っていそうか?と自問するとよいことが分かりました)動くのが難しく、あまり出来ませんでしたが、たしかにそうやってみると、より役が生きた感覚があり、上手くこなすようになって逆に死にかけていた役のエネルギーがナチュラルでパワフルなものに戻った感じがしました。

最後に発表をして、やはり、役としての舞台上の行動がまだまだだなと思いました。

色んな作品を観て勉強していきたいです。

自ら求めて、成長してまいります!

またそれでは!