2/8 スタニスラフスキー

0
781

みなさん、こんにちは!Akikoです。
投稿が遅くなり、失礼致しました。2月8日のスタニスラフスキー
『Mind & Body』精神と身体です。
この日は、まず身体の状況から感情が出てくるのを体感という事で、2つのシーン アクティングを行いました。
その1 休暇を取り、バカンスに来ている。とてもリラックスした状態。そこに1本の電話。見ると仕事先から。トラブルが発生し、すぐ戻るようにと。渋々仕事先に戻る。
その2 友達と飲みに行った帰り。たくさん飲んで上機嫌。千鳥足だったりする。友達と別れ、駅へ向かう。…が終電は出てしまったところ。機嫌よく飲み代を払ったので、お財布はスッカラカン。仕方なく歩いて家へ向かう。酔いもあって、なかなか辿り着かない。疲れも出てきた。ようやく家に着き、ホッとして、倒れ込む。

いずれも天国から地獄という対称的な状況を演じ、その落差を表現するというものです。

そして、最後にエレベーターに閉じ込められたという想定でのグループインプロ。各々で設定を決め、その状況下でどのように反応するか。どのような人物なのかとつくっていきました。
ある程度自分で設定した上で、ある種の極限状態でどのように反応するか。
体に緊張が走る状態では、どのように感じ動くのか。

日頃から、自己の状態を観察する事も有効かなと感じました。