ビー玉とセンター

0
1203

お疲れ様です!矢野です!今日はイマジナリーセンターについてやりました!

 

まず、ビー玉を観察しまくりました。そして、想像の中でしっかりとビー玉が作れるようになってから、そのビー玉のクオリティをイメージの中でクオリティを変えていきました。

しっかりとビー玉がイメージ出来るようになったら次はビー玉をセンターに見立てて、自分の中で指示されたものが自分の丹田や胸にあるイメージで、その時々の自分の中の身体感覚を観察し、実際に動きたいように動いたりしました。

例えば、丹田に重くて熱い鉄の玉のセンターがあるとイメージしたときは、とても気持ちがどんよりとして、深い怒りが湧きました(これは僕の場合で人によって違うようです)

次に、自分の好きなものをセンターにして好きな場所において自分の中の変化を観察して、また、動きたいように動きました。僕は濡れ雑巾をセンターにして、頭に置きました、すると、自分の中にいつもはない、ずる賢く、ねっとりとした感情が産まれて面白かったです。

そして、そのような自分の好きなセンター、場所を使って生まれたキャラクターを掘り下げていきました。僕の場合、「濡れ雑巾くん」を掘り下げました。両親はいるか?いないか?好きな食べ物は?お家の様子は?その人物にとっての人生の転機となる場面は?など詳細に目の前にイメージをするなどして、センターから産まれる登場人物を明確化していきました。

最後に、その登場人物の過去、もしくは現在をインプロで演じて発表しました。

僕の濡れ雑巾くんは、詐欺師なので、お婆ちゃんを詐欺で騙すというものをやりました。

皆、それぞれ、独特のセンターから産まれる個性的な登場人物を演じてて、しかもそれが、センターから産まれる故に役作りが大まかではあってもしっかりとしていて、固有のエネルギーが生まれてて面白かったです。自分が役作りの際に、これはどんなセンターでどんな場所にあるのだろうと探っていくと、良いものが掴めそうだなあと思いました。