自主練!!その1

0
1011

こんばんは!矢野です!

実は、我々ストーンウィングスのスクール生はレッスンの他にもこそこそと(言う訳では無いけれど)日々、お互いの空いた時間を活用して、自主練をやっております!なので、これからその自主練において得た気付き、学びをちびちび紹介出来たらなと思います!

 

本日は、道脇さんと2人で、空いてる場所を探し(毎回これが大変です(笑))、習ったばかりのWANT&IMAGEを練習しました!

「~したくない」を使ってしまってる。
「~する」のようなDOが出てる。
DOをそのままWANT化してしまっている。

などという始めたばかりならではの改善点もありつつ、

「インタビュー」において、現れるスターの素晴らしさをいかにWANT&IMAGEで表現するかというところに時間をかけたり(今回は神々しい光が向かってくるイメージとか暖かい光に包まれるイメージとかを思いつきました)、「ダイエット」における体重が増えてるときの絶望の感情を、いかに丁寧に表現するか(例えば、目の前が真っ暗になったイメージの一言で終わるのではなく、絶対ダイエット出来ると宣言した自分のイメージ→あの発言を撤回したい→友達に馬鹿にされている自分のイメージ→現実から逃げたい→目の前が真っ暗になったイメージ。というふうに、ふくらませるとより絶望がくっきりと鮮明にリアリティをもって表現できる。)について、議論しつつ深めました。

自主練は、このように、引っかかった点を徹底的に議論し、重点的に練習出来るのが魅力です。

その後、寒空の下、公園で、「詐欺師と警官」というインプロを長々とやりました。これは、英語教材をカモっぽい男Bに高く売りつけたい詐欺師Aと、私服警官で、わざと騙されたフリをして詐欺師を捕まえたい警官Bとの騙し合いのインプロです。僕はAをやり、如何に言葉巧みに相手を騙すか、ということに苦心しました。道脇さんにあの手この手の適応を駆使して、騙せたと思ったら警察手帳を見せられ、動揺するこのどんでん返しが非常に面白いインプロでした。道脇さんが僕を捕まえようとする働きに、あえて、釈明することなく逆ギレしてみたり、買収しようとしてみたり、様々な適応で応戦しました。道脇さんも説得の為にあれこれと適応して詐欺師を捕まえようと行動を起こしました。

寒かったけれど即興がかなり鍛えられたし、役としての焦り、怒り、悲しみなどが真実の感情として自然と出そうとしてではなく湧いてきたので良かったなと思います!それではまた!