大変遅くなりましたが……

0
1678

5月31日の日曜クラスのブログです。
立てばガクガク座ればバッタン歩く姿はゆらりゆらり。
ってどんだけ重心定まらないね~ん。
………えづらです。

あ、ストーブつけますか6月ですけど。

えーさて、この日は「ビジネスゲーム」の模擬指導の日でした。
ビジネスゲームとは、基本的にはSTONEψWINGSで行なっているものと変わりありませんが、ビジネスの現場で役立つことを意識した教育として行うシアターゲームです。
(テキストより抜粋。w)
以下の3つのゲームから選び、各自持ち時間10分前後で行いました。

★「Oh,Balls!」
★「Finding the Space(スペースを見つけよう)」
★「Don’t Blame me(ドレミゲーム)」

ムーブメント、インプロを経て少し慣れてきたようで以前より皆緊張せずにできたようです。
しかしゲームはゲームで重要なポイントが盛りだくさん。
ルールの説明やゲーム中のサイドコーチの仕方、時間配分などなど。
本当に意識することが一杯で、かなり広い視野が必要です。
幽体離脱して自分を操りたいですねもう。

私の場合ムーブメントの時もそうだったのですが…微妙に「ズレてる」。
教える側が教える内容の意義を正確に掴んでいなければ、教えられる側が得るものも違ったものになってしまいます。
ゲームは一つのゲームの中にも様々な要素があるのでやり方、解釈によってはかなり違ったものになるようです。
実際同じゲームでも違う人が教えると受ける印象もそれぞれ。
トレーナーの個性が良い方で活かされればいいのですが、ゲームの本質はぶれないようにしたいですね。
課題です。

ムーブメント、インプロ、ゲームとこれまでで共通して出てきた課題を上げると、

・時間配分
・立ち位置
・癖(まばたき、姿勢etc)
・言葉(解りやすい説明、TPOに合わせた言葉遣い)

などなど。
俳優業に通ずるものも多々ありますね。

そしてもうひとつ、
『自信をもって堂々と』。

ワークショップ参加者との信頼関係を築くためにはなにより大切なことです。
あ、あとユーモアもw

ハッタリも結構ですが本当の意味で『自信をもって堂々と』していられるように、もっと勉強しなければ!と思う今日この頃です。