FEATHER PROJECTマスターコース 05.10

4
1736

スタジオからの帰り人身事故で東上線が止まり、和光市で45分程待たされたイノケンです。
あ、NEWメガネも購入したイノケンです。白いベルトの腕時計を突っ込まれたイノケンです。
こういうことを書くと多分コメントで「ウザイ」って言われます。

今日から模擬指導に入っていく予定でしたが、座学の内容が消化しきれず実践編は来週に繰り越しとなりました。
しかし、その分の座学の内容は充実したものになったかと思います。
講師として必要なモノとは、どのように準備するのか、レッスングループの理想的な状態とは、生徒に対してどのように働きかけるか……etc
指導を行う事についてのポイントごとに意見を出し合いました。
これから模擬指導を行っていく上での心構えを色々な角度から学べたように思います。
最後はちょっと息切れ気味で意見もあまり出ませんでしたが、模擬指導を行い講師の仕事を肌で感じる事で新たな発見があることでしょう。
気合を入れて、また、楽しみながら、模擬指導に望みたいと思います。

↓の写真は「講師に必要な要素」を思いつく限り挙げてみた時のもの。愛が大事らしい(ぇー
愛は真心。真ん中に愛。

メンバー(一人足らず)

4 コメント

  1. 次回までにムーヴメントのちゃんとしたやり方を頭に入れておいた方が良さそうだねぇ。とりあえず数種類だけでも。
    どうでもいけど誰もフリに乗ってくれないのが少し悲しい。

Comments are closed.