テキストへのアプローチ

0
899
オーディション対策の復習

miyauchiです。最近本当ブログ書くの遅くなりまくりでっす~_~;
オーディションクラス5日目。この日は別役さん舞台のワンシーンを題材にして
テキストへのアプローチの稽古をしました。
まずやる事はテキストに、らくが。。。書き込みを入れる事!
登場人物がどんな雰囲気なのか?年齢は?職業は?性格は?
などなど、そこから背景、シーンの前後はどんなシーン?季節は?
どう言うタイプの作品か?などなど
そのほか大事なのはセリフに間や … など無言が
あれば、それはどう言う意味か?気持ちや台詞をそこに入れるのなら
どういうものにするか。
を書き込んで行きます。内面が決まってきたら
次は台詞自体の速さや間の開け方、台詞の緩急などを
テキストにマークして行きます。
それらを踏まえていざ実践!
まぁ。。。うまくいかないもんですねorz
役に没頭するのは良い事ですが、むやみに入り込んでも
独りよがりになります。技術をともなった上での没頭
がベストみたいですね。
次の授業は引き続きテキストへのアプローチ
を新しいテキストでやります。宿題として次の授業までに
台詞を覚えて、作り込んで来ること!
自分台詞覚えは速いのですが、たとえば、
〜が を 〜は と語尾を間違ったりする
箇所が多かったりするので

台詞覚えは良いが ”雑”!!

とよく怒られます(*_*)
そんな感じで台詞覚えもそこそこに書き込みも
しながら、宿題をやってました。

テンポ・間・リズム