• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • YouTube
  • Cart

アメリカ演技コーチの違和感

イヴァナ・チャバックの本を読み始めました。
かつてポールのワークショップにも参加した白石哲也さんの翻訳書。
彼は、チャバックの講師ライセンスも取り、ますます彼女との親睦を深めている。
また、うちで2年学び、舞台にも出たNOYさんはどうやらチャバックの講習をアメリカに受けに行くようだ。

読み始めたばかりであれだけど、チャバックのメソッドは、
トラウマ体験も含めネガティブな感情を利用し、力強い勝てる演技に導くというもの。
スタニスラフスキーには「感情の記憶」というものがあり、チャバックのいうインナー・モノローグも、
元はスタニスラフスキーからきているのだけど、スタニスラフスキーはそんな風に
感情体験を激烈に用いることは薦めなかった。

4年連続ワークショップを行ったポール・パーカーも、
いい演技に対して「STRONG」という言葉を使う。
感情やエネルギーが強く演技になって現れているときに
そんな言葉を使っているので、やはりポールもそうした感情の強さ
優れた演技のトッププライオリティーに置いている。

それにぼくは違和感を感じる。

スタニスラフスキーやマイケル・チェーホフ、デヴィッド・ジンダー、
ピーター・オイストン、デクラン・ドネラン、などアメリカ以外の演技講師はそうではないからだ。

多分にアメリカの気質と、映画産業の大きさが物語っていると思われる。
日本人が同様のことをやって良い結果が出るかは別だが、
感情表現が苦手な日本人には抵抗感あるものの、演技力向上にはかなり役立つだろう。

しかし、ぼくがもっと追求しているのは、繊細なるリアリティーと創造性だ。
そこがアメリカ系は欠けているような気がする。

だから、もし自分が、日本に本当に紹介したいと思える演技講師を連れてくるとするならば、
イギリスか、ヨーロッパ系の人だろうなと思う。その方が、自分の考えと合っている。

けれど、ぼく自身が、ほぼ完成されたヨーロッパ系の演技講師なので、
ある意味アメリカ系の教えは新鮮であるし、部分的に参考になる。
特に、映像演技を教える上では、アメリカ系メソッドを入れてあげないと
なかなか勝てないだろうなぁとも思う。

そういえば、アメリカで教えていたtoriさんも、チャバックのライセンスを取ったそうだ。
ますます、自分はアメリカ系から離れたくなるな。

熾烈な競争が繰り広げられるオーディションで勝つことは、特にアメリカは大きい。
だから、結果を重視する。日本でも、同様だ。
だけど、そんなにも結果がほしいのだろうか?

成功は結果ではなく、プロセスなのに。

結果を出すことこそが成功であると信じて
そのために心を削り、勝つために感情を燃やして、
強く、強くなっていこうとするアメリカの俳優たちがちょっと気の毒にすら感じる。

大金を得て、有名人になっても、パパラッチに追いかけられてプライベートがない。
そこまでいかなくても、なにか有名な映画に出演して、お金と実績を得る。
しかし、それでどれだけ観客に無形の価値を与えられたかはわからない。
実際、なにも与えられていないかもしれない。
演技に対しても役者に満足感がどれだけあったのかわからない。
出演できたという実績の自己満足なのかもしれない。

俳優が芸術家であるならば、魂のこもった、最上級の演技で観客に無形の価値を与えてほしい。
金や名声は関係ない。真の成功は、芸術家として生きられたかどうかだ。


ポール・パーカー・ワークショップ2016 大成功終了

ポール・パーカー・ワークショップ

今年で4年目となります。Paul Parkerワークショップ
元ハリウッドの演劇学校校長にして、演技講師・プレゼン講師ポール・パーカー。

今年も3日間の俳優向けワークショップと1日間のビジネスマン向けワークショップ。
どちらも多くの方に参加頂いて、イベントとして成功裏に終えられました。

 

ポール・パーカー 演技ワークショップ

俳優のためのワークショップ

 

今回は円高だったので幾分気持ち的に楽に出来ました。
いつも、満席でも収支が厳しいという安価な設定なので、最初決めるときはすごく勇気がいるのです。
今回ポールは、FC東京や演劇ワークショップというところでも教えるのですが、
航空費を丸ごと出しているのはうちなんです。
それでも、演劇ワークショップさんよりも安い料金で俳優向けワークショップやってます。
(というか、演劇ワークショップさんがうちより遙かに高い値段で募集していたので、
今後競合するようなことがあるならちょっと考えものですね)

 

俳優たちとポール・パーカー

 

うちはビジネス向けワークショップがうまくいくかが鍵ですね。
ぼくも演技講師とプレゼン講師の両方をやっています。
そして、演技講師こそ最強のプレゼン講師なのですが、
まだまだ日本ではそういう認識がないし、ビジネスマンが演劇を学ぶということも少ないです。

だからいつも集客に苦労して、なかなか利益にならないのですが、
こだわって企画しています。

ビジネス向けワークショップ

ビジネスプレゼンをハリウッドの演技講師から

満席にはまだまだ遠いですが、過去最高人数入ってくれたおかげで、収支のほうも助かりました。
受講者の満足度ももちろんのこと、人数が多いと盛り上がるので嬉しいです。
実は、直前まで赤字レベルの人数だったので、決行すべきか本当に悩みました。

 

映画や撮った映像を見ながら映像演技の講習

呼吸のワーク

内容は基礎的なことが多かったかなぁという印象です。
何度も出ているベテラン組にとっては、内容よりもポールと再会して声をかけてもらうことが大きかったかもしれません。

次回はもっとレベルの高いことをやってもらおうかなぁと思います。

でも、こちらの要望で出したやってほしかったことはやってくれました。
オーストラリアン・テクニックのLayer1からLayer6まで網羅する、というのも出来ました。
今回初参加の役者たちも多かったので、役に立ったと思います。

また同じテキストで映像演技と舞台演技の両方を学ぶということも出来ました。
共通テキストで用意した「American Beauty」。
実は、その前にポールが用意したテキストがSFで、あまりに軽すぎたので、変更を提案しました。
そこで急いで見つけたのが「American Beauty」です。
スクリプトを抜き出したのもぼくですが、よく対応してくれました。

翻訳については結構苦労があって、ほとんどのテキストを再翻訳しました。
役者がやりやすいように。また専門用語も反映させての翻訳です。

決めてます

今回の受講者の傾向としては「おとなしめ」ということがいえました。
男性が少なかったこともありますが、現代の世の中の傾向でしょうね。
あまり個性を出そうという人がいません。

その代わり、まとまりがあるので、全体としての調和は取れています。
ポールも「今年は去年よりも空気がいい。お互いに尊重し合っている」ということをいっていました。

お土産別役慎司とポール・パーカー

 

ぼく自身の英語力も一年経ってUPしていたこともあり、
今年は結構ポールと話せました。
毎年、サシ飲みしてますけど、いろいろな話が出来て貴重でした。
彼も、ずっと何年もSTONEψWINGSアクティングスクールやぼくのことを見てきているし、
日本の俳優たちの事情もかなり理解してきましたから、お互いに今後の日本の俳優の活躍について意見を交わしたり、お互いのこれからの未来について話したり。
過去に参加したメンバーの話や、映画製作企画の話、TAFTAの話、アメリカでの共同ワークショップの話など、まぁいろいろしましたね。

毎年、すごく感謝されます。
まっすぐぼくの目を見て、熱を込めて、
「自分が今日本で教えられているのはShinjiさんのおかげ」
「ぼくの心はいつもSTONEψWINGSにあり、Shinjiさんたちのことを一番に考えている」と。

今回、初めて他の所にも教えに行ったので、なおさら義を示したかったのだと思います。

非常に楽しく、有意義なサシ飲みでした。

 

ポールとサシ飲み 別役慎司


マレーシア、クアラルンプールの旅

クアラルンプールの王宮

3月14日~19日までクアラルンプールに行ってきました。
個人旅行ではなく、家族旅行です。
妹夫婦が仕事の関係で暮らしているので、遊びに行ってきました

ル・メリディアン

ホテルはヒルトンと隣接して建っているル・メリディアン。 5つ星ホテルです。
5つ星ホテルは初めてかな。 眺望も良く、日経新聞の差し入れもありました。
こちらはプール。
水着を持って行っていたので、2回ほど泳ぎました。
もっとゆっくりしたかったけど。

プール

 二階建てバスに乗って、市内の名所を回りました。

 

二階建てバス

モスクとか、いろいろ。やっぱり暑い。とはいえ、日本の真夏ほどではない。

モスク

高層ビルの建設ラッシュ。そして人がたくさん。
アジアって人が多いなぁ、と実感。

高層ビル

個人的に良かった場所はKLCCのツインタワーとLake Garden、そしてバトゥ洞窟。 ツインタワーは、一人で夜景も観に行きました。

バトゥ ケイブKLCCツインタワー

レイクガーデン

一人旅ではなかったのであまり自由に歩き回れなかったのですが、
やはり旅行はいいものですね。価値観を刺激してくれます。


Register now


I'm a small Introtext for the Register Module, I can be set in the Backend of the Joomla WS-Register Module.



  or   Login
×