• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • YouTube
  • Cart

荒木飛呂彦の漫画術

荒木飛呂彦の漫画術

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)という本が出て、買って一気に読んでしまいました。

すごく劇作家としても演出家としても参考になりましたよ。
技術どうこうではなく、完璧主義の姿勢謙虚さが特に。

ここが成功者や達人の違いである部分だなと思います。

どうしても、早く成功したいとか、早く認められたいという気持ちがあるものですが、
それによって、ちょっとすごいものを創ったら、認めてほしいという欲求が先走ってしまい、
作品に命を注ぐということや、どこまでもこだわっていいものを創るという部分がおざなりになってしまいます。

そういう人は成功しないものだと思います。

読んでいると、「面倒くさいな」と思うくらい、こだわっているんですよ。
たった1コマに注ぎ込む、意図や戦略。
徹底的に取材して、「これでいいや」「どうせわからないだろ」みたいなものがない。

「面倒くさいな」と思ってたら、この域まで行きようがないんだと思います。

 

時間や金に追われていたらダメだろうな、というのも思いました。

時間がない、金がないってなると、一つの作品に打ち込むエネルギーが乏しくなると思います。
成果を急いでしまいがちになると思うんです。

だけど、それだけいつまでたっても成果は出ないことでしょう。

「作品が完成したら、すぐに忘れるようにしている」
という言葉もありましたけど、これだけ徹底的に創りあげて、悦に入ることもせず、
次の創作に入るって、達人だなと思いました。

悦に入っていたら、そこで満足して、いいアイディアが生まれてこないのでは、
いいものが描けなくなるのでは、という思いがあるそうです。

 

こんなにベテランで、「天才」ともいわれているのに、
編集者に対しての謙虚な姿勢もすごく見て取れます。

巨匠ですから、編集者の人に「君がなんといおうと、ぼくの考えが正しい」みたいなのが
あっても普通だと思うんですけど、「読んで意見を言ってもらうだけでもありがたい」という姿勢が、
下積み時代から培われているんですね。

こういうところも、ぼく自身が今2冊目の本に取り組んでいるところなので、勉強になりました。
「編集者の人とうまくタッグを組んでやっていこう。まだ1冊しか本を出していないペーペーに声をかけてくれて、チャンスをくれただけでもありがたい」と思うべきですね。
思っていますけど、細かい直しの指示が出たときには、思い出したいと思います。
「面倒くさいな」なんて思ったりせずに。

 

荒木飛呂彦の漫画は昔から好きでしたけど、
惹かれる理由は、漫画術のこういったところにあったんだな、と思える説明も多かったです。

創り手の方は特に読んでみてください。


新メンバー募集

すかそあメンバー募集

ハリウッドやニューヨークで本場の演劇界・映画界を見てきたポール・パーカーも、
ぼくのことを評価してくれていて、何年も前にたくさんの日本人関係者に会った中で
「Shinjiさんはオーラが違っていた」とのちになって語っています。

ポール・パーカーのワークショップの宣伝のためになにかイントロを書こうと思ったら自己宣伝になってしまった。
ワークショップの特設ページはこちら。
Paul Parker Workshop2015

まぁ、なにがいいたいかというと、それだけ本場の人も「違うな」と思う、
そういう人が創っていく舞台に腰を入れて関わりませんか?
という話です。

ぼくは、SKY SOART ψ WINGSという劇団。
そして、すかそあというスタジオ公演向けユニットを持っています。

新しい戦力を求めています!

しかし、小規模っちゃ、小規模です。
ギャラが入るわけでも、グッズが売れるわけでも、1000人も客が入るわけではありません。
(今のところはね)

けれど、創っている舞台はひと味もふた味も違います。
それは、見た目に派手だからとかでは勿論なく、世界標準を目指している集団だからこそのクォリティーであり、
世界の俳優トレーニングを日本でいち早くし紹介し、実践してきた蓄積からくるものです。

本物を目指す俳優なら、心から「いいものを創った」「いい作品に携われた」と、充足感を得られる場所です。

「売れたい」「デビューしたい」「誰か自分を有名にしてほしい」
といった矮小な心持ちの俳優は必要ありませんし、
そんな人たちに与えられるものはありません。
例え、それだけの機会があっても、自分のことしか考えていない人に与えたりはしません。

本気でうちの団体のために情熱を燃やしてくれる人


それが、素晴らしい作品を創ることに繋がり、
それが、俳優たちの充足感と成長に繋がり、
それが、観客の満足感や感動に繋がります。

 俳優たちが、日々切磋琢磨し、自分のことではなく、団体のためや日本演劇界のことを一番に考えて貢献しようとしてくれたら、とても素晴らしい舞台が創れるようになります。ぼく自身の発揮できるキャパシティーも大きくなります。

その結果、わたしたちの団体は社会的にも成功するでしょうし、認められるでしょうし、皆さんも認められるでしょう。

 

うちの舞台創造活動に関わっていきたいという方。

まずは、「ただ出演したい」というエゴを取り除いて下さい。

あなたが戦力として役に立つのか、あなたが最高の舞台を創るにふさわしい実力や熱意を備えているのか。
そこが重要です。舞台は、あなたのエゴを満足させる場所ではありません。
演劇の神を喜ばせ、観客を喜ばせるのです。あなたとわたしたちの力で。

特に、世界を知った方。

日本にいて、うんざりしながら、自分の場所はあるのかと嘆いている方。
日本でもできることはあります。やり甲斐のあることがあります。

一緒にやっていきましょう。

まずは7月上旬に、すかそあのvol.3公演があります。
これは、久しぶりのぼくの完全創作作品です。

下記の理念をよく読んで下さい。

 

OUR MISSION

■SKY SOART ψ WINGSの理念に基づき活動する

SKY SOART ψ WINGSは演劇を芸術として捉え、常に成長を大切にし、日本でトップクラスの舞台創造をめざします。そして、日本演劇を変革し、世界を目指し活動していきます。

OUR GOAL

■活動の目的

・上記の基本理念に基づき、自発的に学び、成長を目指して、SKY SOART ψ WINGSを発展させる。
・演技力の向上のみならず、舞台創造・制作のすべてに積極的に取り組み、学ぶ。
・メンバー同士がお互いに良い影響を及ぼし、成長していく。
・本公演を見越して、演技力の向上、集客について長期的な視野で考える。
・質の高い舞台を創り、発信する。

OUR MEMBER QUALITY

■必要とされる人材

・SKY SOART ψ WINGSの理念に賛同し、発展させようという意欲のある人
・常に学ぶ意欲の高い人(SΨWでも、それ以外でも)

■参加条件

・役者として参加できるのは、過去にSKY SOART ψ WINGSの舞台に立ったことのある人、もしくは外部で十分な経験がある人。(誰でも舞台に立てるわけではない。)

 

まぁ、そうたいしたことを書いているわけではありませんが、とても大切なことです。

なにより、学びを大切にして下さい。成長することをとめてはいけません。
ぼくの基準で、十分戦力になるには、相当量の俳優修業が必要です。

まずは弟子入りするくらいのつもりで、入ってきてもいいです。
最初から、自分が戦力になると息巻かなくてもいいです。 長く、情熱の火を絶やさず、日本演劇をもっと世界標準にしていくべく、みんなで力を合わせましょう。

新メンバー募集の申し込みはメールで

 


ポール・パーカーが三度来日! 6月にワークショップを行います!

ハリウッド演劇学校校長来日

ハリウッドやニューヨークで9年間演劇学校を率いて教えていたポール・パーカーと親交があるのですが、
(オーストラリアの旅のブログを途中までですが書きました)

ポール・パーカーとワイナリー

今度6月に日本にやってきて、うちのSTONEψWINGSアクティングスクール主催でワークショップを行います。

6月7日はビジネスパーソン向けワークショップ 
6月8日~10日まで俳優向けワークショップです。

毎回満席になっていて、海外志向の強い人が集まっています。
参加者の満足度がとても高く、毎回成功で終えることが出来ています。

主催者としては、満席になっても黒字が出てこない値段設定なのですが、
海外に行って学びたくても、言葉の問題や金銭の問題などで難しいという人も多いと思いますし、
是非この機会を存分に生かして、たっぷり18時間学んでほしいと思います。

俳優向けワークショップは、ホームページが出来ました。
こちらから飛んでください。

ポール・パーカー・演技ワークショップ2015

単発でも大丈夫なのですが、3日間のカリキュラムは連動して、積み重ねていく形になっているので、
3日間通しで受講した方がいいと思います。

 

世界の演技ワークショップPaul Parker


Register now


I'm a small Introtext for the Register Module, I can be set in the Backend of the Joomla WS-Register Module.



  or   Login
×