• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • YouTube
  • Cart

7日間で学ぶ! 演技の基礎メールセミナー

俳優になるための大事な心構えとマル秘テクニック

Registar Now

Other Blogs

  • アクティングスクール校長ブログ

  • アクティングスクール生の稽古ブログ

  • FEATHER IMPRO ACT PROJECTブログ

  • 引き寄せの法則メッセージ

ポール・パーカー・ワークショップ2016 大成功終了

ポール・パーカー・ワークショップ

今年で4年目となります。Paul Parkerワークショップ
元ハリウッドの演劇学校校長にして、演技講師・プレゼン講師ポール・パーカー。

今年も3日間の俳優向けワークショップと1日間のビジネスマン向けワークショップ。
どちらも多くの方に参加頂いて、イベントとして成功裏に終えられました。

 

ポール・パーカー 演技ワークショップ

俳優のためのワークショップ

 

今回は円高だったので幾分気持ち的に楽に出来ました。
いつも、満席でも収支が厳しいという安価な設定なので、最初決めるときはすごく勇気がいるのです。
今回ポールは、FC東京や演劇ワークショップというところでも教えるのですが、
航空費を丸ごと出しているのはうちなんです。
それでも、演劇ワークショップさんよりも安い料金で俳優向けワークショップやってます。
(というか、演劇ワークショップさんがうちより遙かに高い値段で募集していたので、
今後競合するようなことがあるならちょっと考えものですね)

 

俳優たちとポール・パーカー

 

うちはビジネス向けワークショップがうまくいくかが鍵ですね。
ぼくも演技講師とプレゼン講師の両方をやっています。
そして、演技講師こそ最強のプレゼン講師なのですが、
まだまだ日本ではそういう認識がないし、ビジネスマンが演劇を学ぶということも少ないです。

だからいつも集客に苦労して、なかなか利益にならないのですが、
こだわって企画しています。

ビジネス向けワークショップ

ビジネスプレゼンをハリウッドの演技講師から

満席にはまだまだ遠いですが、過去最高人数入ってくれたおかげで、収支のほうも助かりました。
受講者の満足度ももちろんのこと、人数が多いと盛り上がるので嬉しいです。
実は、直前まで赤字レベルの人数だったので、決行すべきか本当に悩みました。

 

映画や撮った映像を見ながら映像演技の講習

呼吸のワーク

内容は基礎的なことが多かったかなぁという印象です。
何度も出ているベテラン組にとっては、内容よりもポールと再会して声をかけてもらうことが大きかったかもしれません。

次回はもっとレベルの高いことをやってもらおうかなぁと思います。

でも、こちらの要望で出したやってほしかったことはやってくれました。
オーストラリアン・テクニックのLayer1からLayer6まで網羅する、というのも出来ました。
今回初参加の役者たちも多かったので、役に立ったと思います。

また同じテキストで映像演技と舞台演技の両方を学ぶということも出来ました。
共通テキストで用意した「American Beauty」。
実は、その前にポールが用意したテキストがSFで、あまりに軽すぎたので、変更を提案しました。
そこで急いで見つけたのが「American Beauty」です。
スクリプトを抜き出したのもぼくですが、よく対応してくれました。

翻訳については結構苦労があって、ほとんどのテキストを再翻訳しました。
役者がやりやすいように。また専門用語も反映させての翻訳です。

決めてます

今回の受講者の傾向としては「おとなしめ」ということがいえました。
男性が少なかったこともありますが、現代の世の中の傾向でしょうね。
あまり個性を出そうという人がいません。

その代わり、まとまりがあるので、全体としての調和は取れています。
ポールも「今年は去年よりも空気がいい。お互いに尊重し合っている」ということをいっていました。

お土産別役慎司とポール・パーカー

 

ぼく自身の英語力も一年経ってUPしていたこともあり、
今年は結構ポールと話せました。
毎年、サシ飲みしてますけど、いろいろな話が出来て貴重でした。
彼も、ずっと何年もSTONEψWINGSアクティングスクールやぼくのことを見てきているし、
日本の俳優たちの事情もかなり理解してきましたから、お互いに今後の日本の俳優の活躍について意見を交わしたり、お互いのこれからの未来について話したり。
過去に参加したメンバーの話や、映画製作企画の話、TAFTAの話、アメリカでの共同ワークショップの話など、まぁいろいろしましたね。

毎年、すごく感謝されます。
まっすぐぼくの目を見て、熱を込めて、
「自分が今日本で教えられているのはShinjiさんのおかげ」
「ぼくの心はいつもSTONEψWINGSにあり、Shinjiさんたちのことを一番に考えている」と。

今回、初めて他の所にも教えに行ったので、なおさら義を示したかったのだと思います。

非常に楽しく、有意義なサシ飲みでした。

 

ポールとサシ飲み 別役慎司


マレーシア、クアラルンプールの旅

クアラルンプールの王宮

3月14日~19日までクアラルンプールに行ってきました。
個人旅行ではなく、家族旅行です。
妹夫婦が仕事の関係で暮らしているので、遊びに行ってきました

ル・メリディアン

ホテルはヒルトンと隣接して建っているル・メリディアン。 5つ星ホテルです。
5つ星ホテルは初めてかな。 眺望も良く、日経新聞の差し入れもありました。
こちらはプール。
水着を持って行っていたので、2回ほど泳ぎました。
もっとゆっくりしたかったけど。

プール

 二階建てバスに乗って、市内の名所を回りました。

 

二階建てバス

モスクとか、いろいろ。やっぱり暑い。とはいえ、日本の真夏ほどではない。

モスク

高層ビルの建設ラッシュ。そして人がたくさん。
アジアって人が多いなぁ、と実感。

高層ビル

個人的に良かった場所はKLCCのツインタワーとLake Garden、そしてバトゥ洞窟。 ツインタワーは、一人で夜景も観に行きました。

バトゥ ケイブKLCCツインタワー

レイクガーデン

一人旅ではなかったのであまり自由に歩き回れなかったのですが、
やはり旅行はいいものですね。価値観を刺激してくれます。


新年度募集が開始 一流の俳優を目指す人への確かな道を

世界標準演劇学校新年度募集

2000年から指導をはじめ、STONEψWINGSアクティングスクールとなった2005年から12年目を迎えます。
今年も新年度募集が始まりました。

これだけ安い受講料で、定員も10名以内で、設備費なども取らないのに、
どうしてこんなにも長い年月続けていけるのか?
それは人件費と宣伝費がほとんどかかっていないことと、
元々利益主義に走っていないからです。

日本でおそらくナンバーワンであろうレッスンの質と、
授業料の安さのギャップは確かに考えものです。
安いと、生活がままならないフリーターの俳優志望者もたくさん来ます。
時には月謝の滞納者もいますし、辞める人のほとんどは経済的な理由です。

しかし、夢を追っているならば本気で学んでほしいし、
本気でやりたい人にとってお金がネックになるのはかわいそうです。

従って、小規模なスクール運営となってしまいますが、
生徒の懐に優しい路線を貫いてきています。

とはいえ、スクールを大きくして、国際的な演劇学校にしたいと考えています。
それを実現するにはもう少し時間がかかるので、今は地道に、少人数・低料金で上質のレッスンを提供していきます。

 【2016年度タイムテーブル】

授業時間割

【開講クラス】

シアターゲーム&インプロヴァイゼイション(水曜・木曜)
スタニスラフスキートータルアクティング(水曜・土曜)
アドヴァンスクラス(金曜)
セレクションクラス(日曜)
クリエイティブ ボディ&マインド(木曜)

 

【2016年度一次募集】

書類〆切……2/20(土)当日消印有効
 
書類審査合否通知……郵送にて2/25までに連絡
  
面接・実技審査……2/29(月)PM7:00~(1時間半程度)
  ※どうしても都合の悪い方は、二次募集の回か、個別で審査をします。
   
合否通知……郵送で連絡

【2016年度二次募集】

書類〆切……3/18(金)当日消印有効
   
書類審査合否通知……郵送にて3/24までに連絡
   
面接・実技審査……3/27(日)PM4:00~(1時間半程度)
  ※どうしても都合の悪い方は、三次募集の回か、個別で審査をします。
   
合否通知……郵送で連絡

2016年4月より受講開始


●時間割や申し込み用紙のダウンロードはこちらのページからお願いします。

http://www.stone-wings.com/actingschool/apply.htm

●また、レギュラークラスの見学・体験を受け付けています。

見学および体験をしたい方は希望日を明記の上、こちらのフォームよりお送りください。

http://www.stone-wings.com/join.html


Paul Parker Acting Workshop2016 in Tokyo

ハリウッドの演劇学校校長レベルが日本に来る

役者の皆さん、お待たせしました。
本物の演技力を身につけたい皆さん、次のチャンスはものにしてください。

今年もSTONEψWINGSアクティングスクールでは、
ポール・パーカーを招いて3日間の集中ワークショップを行います。

ポール・パーカーはロサンゼルスのハリウッドを拠点に、
ニューヨークなど全部で四拠点にまたがる世界基準の演劇学校で、
校長として、芸術監督として、主任講師として、絶大な信頼を集め、
優れた俳優を世に送り出してきた講師です。
現在はオーストラリアのメルボルンにある演劇学校で教えています。

 

ポール・パーカーと別役慎司

今回も、世界を股にかけた26年の教師キャリアを、わたしたちのワークショップに注ぎ込んで頂きます。
ぼくとポールの付き合いは、ワークショップ開催としては4年目、それ以前からの付き合いがありますが、
2010年頃に日本に来て、養成所や芸能関係者と面談したなか、「あなたのところでやりたい」と声をかけてくれたのがうちでした。

演技講師としてもお互いに評価し合っていて、
彼はこのような推薦文もおくってくれています。

2016年はハリウッドでのワークショップも企画していますが、そこにぼくも帯同し、演技を教える予定です。

さて、毎回満席で、とても満足度の高いワークショップになっています。
今年の開催日は4/29,30,5/1の3日間です。

ポール・パーカー・ワークショップ


次回のスケジュールはこのようになっています。

【実施日】 2016年4月29日(金曜日)~5月1日(日曜日)
【時間】 4月29日(金) AM10:00-PM5:00(途中1時間の昼休憩あり)
4月30日(土) AM10:00-PM5:00(途中1時間の昼休憩あり)
5月 1日(日) AM10:00-PM5:00(途中1時間の昼休憩あり 終了後懇親会あり)
【場所】 STUDIO FEATHER 詳しい地図はこちらから
〒112-0004 東京都文京区後楽2-23-12 ホリックハウス2F
最寄り:後楽園駅・飯田橋駅徒歩8分 
(総武線・丸ノ内線・東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線利用可能)
【定員】15名
【通訳】あり
【対象】経験・所属不問 初心者もOK 16才以上
【受講費】1日のみ 13,500円 2日間のみ 26,000円 3日間通し 38,000円      
(※STONEψWINGSアクティングスクール生には割引あり。また、ワークショップ後入校されますと、割引額との差額をキャッシュバックいたします。)
【クラス分け】ワークショップ内で、グループワークを行う際には、演技経験によって振り分けます。お申し込みの際に演技経験について、必ずご記入ください。

トータル3日間、贅沢なる18時間ものワークショップです。
日本ではSTONEψWINGSアクティングスクールだけのプレミアムワークショップです。
過去三回とはまた違う内容で、世界レベルの濃縮した内容を予定しています。
これまでは平日開催でした(それでも満席)が、今回はゴールデンウィークの週末の日程を確保いたしました! 
1日目は、これまで断片的にしか体験できなかったオーストラリアン・テクニックの全レイヤーを遂に公開。
2日目と3日目は、同じテキストを使って舞台演技と映像演技の両方を学べる贅沢な内容です。

 

本物の演技を 日本で演技留学

日本で演技留学出来る大チャンスです。しかも通訳付き。
しかも、3日間で38000円です。
本場の講師から集中的に演技を学べるチャンスをお見逃しなく。

Paul Parker Workshop 2016

お申し込みはこちらから


SMAP騒動で見る芸能界の異常さ

smap スマスマでの謝罪

日本中を騒がしたSMAP解散危機。
日本の芸能界の異常な姿がお茶の間の皆さんにもよくわかったと思います。

日本は芸能事務所の権力が横暴なくらい強い。
この権力構図で成り立っているわけです。

SMAPほどの超がつく実績と実力があっても、
事務所と喧嘩したら仕事ができないんです。

完全に実力主義の社会ではないことがはっきりわかったことでしょう。
実力を身につければ、活躍できる世界ではなく、
事務所が勢力争いをしている権力の上に乗っかってこそなのです。

よく芸能人が「~出させて頂いて」といいますけど、
実力で勝ち取るではなく、出させて頂くものだったりするのです。

阿呆らしいですよ。労働組合もなく、俳優やタレントの意思や希望は封じられて、
金儲けの道具にされているわけですから。

 

だからぼくは芸能界という異常な世界を目指そうとは思わず、
いつか国際的な風が吹いて実力主義に移行していく時代にあわせて
実力主義の俳優養成所を貫いてきています。

若い人が、安易に芸能界を目指すのは、死地に赴くことであり、
そんな芸能界の異常さを若い人に伝えるためにも、SMAPが解散したほうがよかったのですが、
(ファンの怒りでこうした体質を変えられるかもしれない)
どうやら解散せずで落ち着いたみたいです。

 


Register now


I'm a small Introtext for the Register Module, I can be set in the Backend of the Joomla WS-Register Module.



  or   Login
×