2/18 スタニスラフスキークラス

0
81

こんばんは。浦山です。

今回はmind and body 最終回でした。
前半はお題に沿ってシーンアクティングです。
1人ずつじっくりやっていきます。

①徹夜で資料を準備する
②翌朝上司の所に持っていくと理不尽に
要らないと言われる。
③その後同僚に励まされる

4人なので1人は主人公、1人は上司、
後の2人は同僚役に分かれます。

徹夜や終わらない焦りによる精神状態、
仕事を終えた満足感から理不尽な目に
合った時の気持ちの変化、気の置けない
同僚と話して慰めてもらう安堵感や
上司への怒りが表面に出てくる変化を
感じながらのアクティングでした。

展開は知っているものの、上司に
何を言われるかやどうやって励まされるかは
分からないので、起こった事に表情や
語調、身体の使い方が変わっていくのを
リアルに感じる事ができました。

自然に起こった変化を記憶して使えるように
頑張りたいと思います!

後半は照明や音楽の変化によって起こる
精神状態や身体の変化を体験しました。
同じ場所、同じメンバーでもいつもと違う
環境を与えられるだけで自分の中で感情や
感覚の違いを覚えます。
こちらも記憶しておいて引き出して使える
ようになりたいと思います…(´・_・`)