12/17アドヴァンス!

0
192

「The Room」の続き、総仕上げ?前編。

一つのシーンについて理解できたら、そこから前後のシーンも想像力や即興力で繋いでいけるはず…ということで、17日は「The Room」のインプロをやりました。

最初に別役さんから、人物相関図を書いてもらい最低限のキャラクター説明をしてもらいました。
20分くらいで起承転結終わらせたいとの事です。配役はこんな感じ。

ローズ…石田
バート…野澤
キッド…矢野
サンズ夫…上山
サンズ妻…轟
ライリー…上山

実際のシナリオはわからないのですが、勘を頼りに皆でやったら、一回目の大まかな流れはだいたい下記のようになりました。

バートが仕事で家を出る、朝の夫婦の日常→テキストのシーン→バートが一度帰ってきてまた出かける→サンズ夫妻が現れる、部屋を欲しがる→またキッド現れる、ローズ達に出ていってほしいと伝える(ここで時間切れ)

インプロなので自然な会話にはなりますが、どうしても無駄な部分が多くなりがちで、展開が進まず中途半端なところで終わってしまいます。
また最初の方から何度も登場する人達はそれぞれ、お話を動かしていくために自分の役割や反応を忘れないように心がけないと、ドラマが始まらずに終わってしまいます。
出番が比較的短い場合も、役割を明確に表現しないと何のための人達かわかりません。
作戦会議のため少し話し合って、また最初から挑戦。そしたらだいたい下記の通り。

バートが仕事で家を出る、朝の夫婦の日常→テキストのシーン→サンズ夫妻が現れる、部屋を欲しがる→またキッド現れる、ローズ達に出ていってほしいと伝える→ライリーが現れる、父の伝言を話して去る→皆が部屋に揃う、揉める(収拾つかなくなってここまで)

少しずつ舞台っぽくはなってきました。ただフィナーレを決めてないのでどうしようという問題が残ってます。それはまた総仕上げ?後半で。

せっかくなので、それぞれのキャラを活かして見応えのある「The Room」を上演したいと思います!