10/10 シアターゲーム&インプロ

0
103

hiroshiです。今日、東京芸術劇場で全編手話による「三人姉妹」を観てきました。言葉なくとも、身体が発する「何か」があることを再確認した舞台でした。

☆シアターゲーム

シャドーゲームの2回目、略してシャドー2です。

インプロ組と、インプロ組の動作を真似るシャドー組に分かれ、下記のシチュエーションを考え、即興で演じてみました。

「宗教法人なすび会」

宗教法人なすび会の事務所にやってきた一人の女性。教祖とその側近達があの手この手で信者になるように勧誘します。女性が痛めた人差し指も教祖様の秘技「ゆびゆびなおーる」で治してしまいます。修行風景を見学させたり、お布施として、なすび水晶や勾玉を購入させようとやりたい放題・・。

「犬小屋家族」

ある一家。ペットのラブラドールのジョンの犬小屋をこしらえようと、父親を中心に家族総出で日曜大工が始まります。小屋を作るために、採寸したり、のこぎりで木を切ったり、おばあちゃんやジョンの具合が悪くなり、車で病院へ運んだりと、今日も一家は大騒ぎ・・。

真似る側は無対象行動も含めて真似をします。チームワークと無対象行動、真似る力が試されるシャドーゲームでした。

☆インプロ

「初対面」 シンクロ

Aさん
Bさん、Cさんとは初対面。メールのやりとりで、Bさんは気難しい人だと思っていたが、会ってみたら気さくな人で安心した。Cさんは礼儀のない人だと思っていたが、礼儀正しい人で安心した。

Bさん
Aさん、Cさんとは初対面。メールのやりとりで、Cさんは礼儀のない人だと思っていたが、会ってみたら礼儀正しい人で安心した。Aさんは高飛車な人だと思っていたが、会ってみたら謙虚な人で安心した。

Cさん
Aさん、Bさんとは初対面。メールのやりとりで、Aさんは高飛車な人だと思っていたが、会ってみたら謙虚な人で安心した。Bさんは気難しい人だと思っていたが、会ってみたら気さくな人で安心した。

チームに別れ、三人のチームとなった私達は、カラオケボックスでのアイドルオタクのオフ会を想定し、インプロを行いました。個人的に、各役の性格やシンクロにもっと気を使わなければと思いました。
インプロはお互いの交流が途絶えると、全体の芝居の流れが停滞しがちになるようです。舞台の上は戦いですが、プロレスには「対戦相手を光らせて最後は自分が勝つ」という名言もあり、お互いに芸で戦う覚悟が必要です。実際の舞台も俳優同士の交流、演技の相乗効果で良い芝居になるのです。

hiroshi