ADVANCE10/8

0
353

シアターウイングでの、初のレッスンでした。ブラックスワンの続き。
今回も映像を撮りました、今度はテキストの頭から最後まで。

短いシーンではありますが、細かい目の動きや顔の角度、表情の変化や体の向きに最初から最後まで集中してないと、何を考えてるのか何をやりたい人物なのか分からない映像が撮れてしまいます。

作品の嗜好や監督の演出にもよりますが、「Aのように見られたい」と思うなら、撮った映像を見ても第三者から「Aのような人だな」とその通りに見られるスキルは、持っていた方が良いと思いました。

自分の顔が好きとか嫌いとかコンプレックスはあると思いますが、鏡でも自撮りでも自分の顔と向き合ってどんな目の使い方が良いとかどんな口の状態が好きとか、色々見つけてみれば良いと思います。

あと、バーの雰囲気を出すために音響とか照明とかフル活用してくださってありがとうございます別役さん!