2/22 one word onlyとインタビュー

0
292

投稿が遅くなりすみません。

2/22 ゲ-ム&インプロクラス

◎one word only

おい・はい・ええ・うんのいずれか一語を選択し、その一語のみを使って3分程のワンシ-ンを作ります。

今回は「おい」を使って老人ホ-ムでの虐待というシチュエーションでシ-ンを作りました。

場面は食事時。向かい合わせに座っている老人A(石田)の様子が気にかかり、声をかける老人B(片桐)。胃の辺りを指差すB(おっ胃?)。食事を残し、(多い)と答えるA。すると職員(轟)が片付けにやってくる。残している食事を見て、怒鳴りつける職員(おい!)。(多い)と答えるA。職員はむりやりスプーンを口に運ぼうとする。拒否するA。突然職員は手をあげる。怯えて逃げだし、泣きだすA(お-いお-い)。脅し続ける職員。すると(甥)が訪ねてくる。態度を翻す職員。泣いているAに優しく接し、椅子に座るよう誘導する甥。素直に従うA。Aは服をめくり、痣を見せる。これはどういうことだと職員に問いかける甥。(おいっ!)。しらを切る職員(おいおい)。すると向かい合わせに座っていたB間に入り、一部始終を再現する。すべてが明るみにされ泣き崩れる職員(お-いおい)。

発する言語を正当化するシ-ンを作り理解することは読解を行う上での糧となると思います。

◎インプロ・ソロ「ハリウッド俳優にインタビュー」

TV局のアナウンサー。日本公開の映画のキャンペーンで超大物俳優が来日しており、インタビューが出来る。しかし、局が依頼した通訳が到着しておらず、通訳無しでインタビューがスタート。身振り、手振りを交え一生懸命に伝えるが、大物俳優は理解出来ずどんどん機嫌が悪くなっていく。配給会社の通訳が見かねて間に入ってくれ、ようやくちゃんとしたインタビューが出来る。大物俳優から「よく頑張った」と労われる。

アナウンサーとしての振る舞い、大物俳優のイメージ、それに対する反応、内容の具体性、カメラや周囲への意識などよりマルチタスクを求められる難易度の高い内容でした。

いしだ