2/8 アンサンブルと脱獄計画

0
613

2/8 ゲ-ム&インプロクラス

◎ファインディングスペース

全員で一斉に動きながら、言葉を交わさず周りの調和を読み、アンサンブルをとることで空間を埋めていきます。途中、外側からの視点からグループの動きを見るといかに全体で調和をとることが難しいかよく分かりました。引っ込み過ぎず、でも突出してもいけないので、俯瞰して周りを見る能力やバランス感覚が必要になってくると思います。

◎インプロコンフリクト「刑務所」

A:脱獄したい。囚人Bに脱獄に協力してくれるように頼む。

B:脱獄計画は可能性はあると思うが、関与したくない。数ヵ月後には保釈されるからだ。今面倒なことは避けたい。

Bに対し脱獄することが保釈を待つ以上にどれほどメリットがあるのかをいかに上手く掲げられるかが肝になってくると思います。それにはA以上にB自身のオブジェクティブがはっきりしていなければいけないと思います。また、Aも明確なオブジェクティブがあることは大前提として、その計画にいかにリアリティを持たせられるかが、Bを誘い込む上での重要な鍵となると思います。

いしだ