12/16 展開力とバリエーション力

0
72

12/16 I DO I WANT マスタークラス

初めに展開力強化のため、まず別役さんvs3人1組のペアで、次に同じ3人1組のペアvsペアで設定を引き継ぎながら、I DOペアリレーを行いました。

自分の目的や行動の理由の軸を保ちつつ、相手の発想を受け入れどのように発展させるか、その中で正当性のあるアクションとは何かを瞬時に考えなければなりません。そして何より常に新しい発想を生み出すクリエイティブさと柔軟さが求められます。

頭で考えるよりもまずは動いてみてリスクを取るフットワークも不可欠ですね。

次に言語化のバリエーションが「言う」「伝える」に偏りがちであるというご指摘の元、もっと言語化のバリエーションを豊かにするため、上記の二つの言語の使用は1度ずつという縛りの上で賃貸のI DOペアインプロを行いました。

あえて使いがっての良い言語を封印することで、普段自分がどれだけ言葉に頼り、アクションをおざなりにしていたかをひどく痛感させられました。また、表現出来るアクションの可能性は思っているよりもずっと広く豊かであると気付かされました。そして、これからの課題の1つとしてアクションの可能性を探り、開拓することが重要だと思いました。

いしだ