5/20セレクションクラス

0
301

おはようございます。
ここ最近はキャリアデザインをどうするか頭を抱えている磯部です。

5/20に行ったセレクションクラスですが、この日は第一回目のTable Analysis (脚本読解)を行いました。

このTable Analysis における基本的なポイントですが

・unit 毎に読解を行う

・頭から順に読解していく

・最初は棒読みで台詞を読み進めていく

演技の幅を狭める先入観を排するため

・読解の時は「何故?」と問いかけてみる

・There is no judgement =完全な解はない

上記の通りになります。所謂ブレインストリーミングやアイデアソンの演劇版ってことですね。

この脚本読解ですが、やり始めた時は非常に難しいものだと思っていたのですが時間が経つにつれて非常に楽しくて時間を忘れて集中していました。

初めて行った私の感じとしては、台本に出てくるCharacterの深層心理やそのBackgroundを様々なパターン描き出すというのはまるで極彩色に変化し続けるパズルのようでもありますし印象派の画家達の絵のようでもあるという感覚をうけました。

今回は脚本読解を行いましたが、同じく来週も続けて行う予定なので非常に楽しみです。もっと次は役の人達の深く沢山の彩りを見つけて、描いていけたら良いなぁ……と未だ見ぬ色彩に心を踊らせています。

Thank you for reading!