無意識を意識

0
1319

今週のスタニスラフスキーマスターコースは、
前回に引き続き、緊張と解放。
1人がポーズを自由に変えられる人形のようになり、
もう1人が自由に動かすというもの。
無意識に抵抗力が働いて、人形側が無意識に身体を動かしてしまったりと無意識は色んなところで働いているなと感じました。
次は操り人形のように1人は全身脱力して、相手が動かしても力を抜いたままでいるというもの。
普段でも人に触られると力が入ってしまったり、
力を抜くというのは難しいですね…。

最後は緊張する状況で自分の体がどのように反応してしまうのか知る、ということでみんなの前で即興のお題で1分間スピーチをやりました。
人によってそれぞれ力が入る場所があったり、
癖になっている体勢があったり、
色んな発見になりました。

人は寝ているときなど、身体が床などに面している部分が多いほど安心してリラックスできるそうです。
その状態を記憶していつでもその状態になれるようにしていきたいですね。