スタニスラフスキートータルアクティング 10.9

0
1140

この日は一日雨でした。
朝から降ったり止んだりを繰り返していましたが、丁度スタジオに向かう頃雨脚が特に強くなり、足元やカバンなどがかなり雨にやられてしまいました。

今週はまず「行動」編のラストとして全員同時に行う形のシーンアクティングをしました。
場所は公園の設定。一人一人くじを引き、そこにに書かれた「目的」を達成するために行動します。
見た目に分かりやすい目的、分かりにくい目的。その場ですぐに達成できる目的、達成までは行かない目的。様々です。

最初はどうも絡みにくい目的ばかりを引いたと思ったら、次には半数以上が勧誘系の目的を引いてセールス合戦になったり。目的を変えて3回ほどやりました。
一回ごとにそれぞれの目的がなんだったか当てっこをしました。簡単な様で性格に自分が引いた目的を当ててもらうのはなかなか難しいもんです。

後半は次の要素「焦点と集中」への導入として、絵(または写真)の記憶ゲームをしました。
出題側と回答側に分かれ、出題側が選んだ画を回答側が一定時間の間に暗記します。
そして出題側が出すその画に関する問題に、画を見ず記憶を頼りに回答側が答えていきます。

このゲームで大事なのはやはり画を記憶する時の観察力と集中力。
短時間の間にいかに課題の画を覚えられるかが99%でしょう。

2年ぶりのこのゲームで何処まで行けるかなと思いましたがなかなか悪くない結果だったと自画自賛しときます。
漠然とした記憶はすぐに消えてなくなってしまうので、ミクロにもマクロにもしっかりと焦点を絞りつつ集中して望めたことが良かったようです。
サヴァン的な人みたいに写真として頭にバチッと全部焼き付けられたら完璧なんでしょうねぇ。

レッスンが終わる頃には雨もすっかり小康状態になり、帰りは足元をほとんど濡らさず帰れました。
まぁ、来る時には既に靴の中まで濡れていましたからあまり意味は無かったですが。
井上でした。

新公開 特別プログラム①特別プログラム② 相手の目的はなんなのか……

集中と焦点 記憶