スタニスラフスキートータルアクティング

1
1163

こんにちは! 松永です。

今日は「行動」の連鎖を、自分たちでシーンアクティングを作って発表しました。
僕は恋愛をテーマで作れました。一から、その場その場で感情や、意志などを頭でイメージしながら行動を考えて書くのですが、実際動いてやってみると、やはり少し動きたい感じが違ったりして、ずれを感じました。

そのシーンをリアルに感じながら毎回同じように動くのは、かなりの訓練が要必要ですな。

それから、人によって全然作りが違っていて、他の人の発表を見るのがおもしろかったです。

僕としては、他の人の視線をいつもより感じずできて、集中することができました。
自分に自信がないとうまく動けずに、それによってまた焦って混乱してきたり、集中できなかったりするので、最近、集中を少し意識しながらレッスンをやってます。

近頃、涼しくなってきて、暑かったのが急に変化したので、周りを落ち着いて視ることが増えて、夏の自分の内にこもっていた時より周りが見やすくなったきがします。

「見えてる」ではなく「見ている」のほうがいい。という言葉があるのですが、
僕も、アグレッシブに、能動的に、五感使っていけるようにしよう。

あと、井上さんの発表は最高でした。

1コメント

Comments are closed.