スペシャルインプロDAY!!

0
86

この日はインプロを2種類もやりました~( *´艸`)

「病室」同じ病室の二人。

Aさんは一週間ほどで退院できる病気だが、入院費や仕事の遅れが不安だし悲観的。

Bさんは何度も入退院を繰り返し重病だが、病気になって大切なことがたくさん分かり治らないのも運命だと思って、毎日充実に過ごそうとしている。

幸か不幸か、二人とも今まで大きな病気を経験しなかったためBさんの役は難しかったように思われます。せめて風邪をひいている状態の感覚をもっと持てれば。。と反省。

自分より症状が軽い人を元気づけるためポジティブな言葉を自然にかけるには、人生経験とか説得力が欠かせません。

病気にはなるべくなりたくありませんが、こういうものは積み上げて体に染み込ませていきたいものです。

「ブランドショップ」

A貧乏だけどそのブランドに憧れがあり何とか店内に入り見て回るが、どのアイテムもなかなか買える値段ではない。

B金持ちで新作を中心に幾つか購入する。

Cブランドショップの店員さん。もちろん接客上手の設定。

このインプロで「〇〇はハイブランドに入るか」とか「○○は本物の皮でなくて合皮だからアウト」とかそんな話題で盛り上がりましたが、個人的には石田さんのブランドに対するアンチ発言(?)が最高でした。

金持ちと貧乏人と犯罪者は、立ち回り方によって混同されかねない現実を突き付けられました。

金持ちの振る舞いと貧しい人の振る舞いもそうですが、何より店員さんの振る舞いが一番難しいと思いました。これは冷やかしでも良いから、やはり一度は銀座の路面店に入って接客を学びたいものですね!