1/8 I Do & I Want

1
844
ロイヤルミルクティーピンク

先週石井さんからの素敵なパス :(´◦ω◦` ): をいただいていたのですが、すっかり更新が遅くなってしまいました…!
というわけで、たけうちです。

先週の日曜クラスはその前の週で使った、Aカード(感情を表す二次熟語)、Bカード(性格を表す言葉)、Cのカード(長文でドラマ)のうち、Cカードをさらに強化しました!

まずはCカードの中から好きなものを選び自主練。その後はカードを一枚ずつ引き、一人ずつWantでそのシーンを演じました。
課題として見えてきたのは、感情の幅がせまいこと。たとえば、会社で順調にプレゼンを行っているときに、パソコンの調子が突然悪くなるというものだったら、始めの順調にいっているときと、突然パソコンの調子が悪くなってまずい雰囲気になったときのギャップを出すのが難しかったです。ずっと同じ調子だと、状況の変化が上手く伝わらないし、見ている側もつまらないのではないのかなと思いました。

別役さんが一人一人が終わったあとにそれぞれカードで演じて見せてくれたのですが、感情の幅が広く、見ていてもすごく見ごたえがありました。また、そこにいる他者のイメージと、それに対する反応が丁寧だと、他者がイメージしやすく、場面が見えてくるなと感じました。
後半は同じようにカードを引き、演じてみて、別役さんにアドバイスをもらい、再度修正して演じました。

…そして、最後は一枚のカードを三人でリレーしたのですが、ここで事件が起きるわけです。
カードはある企業に産業スパイとして潜入し、機密情報を持ち出すことに成功しそうになるが、上司に見つかり銃で撃たれてしまうというもの。

たけうち→辻さん→石井さんの順に演じ、なんとか最後までできたかなと思っていたら、なにかドラマチックなオチをつけてくれと別役さんから無茶ぶりが…。突如たけうちに順番が戻ってきました。
ドラマチックってなんだ?と混乱しながらも、その要素は石井さんが残していてくれました。
なんと石井さんによると来た上司の名前は黒田さん。あれ?なにか聞き覚えが…。
そうです、土曜クラスで私にロイヤルミルクティーピンクの任務を与えた黒田さんです。
怪しいクローン生成の資料を見つけたたけうちは黒田さんに対して疑念を抱きます。辺りを見回せば、そこにはガラスの容器に入れられた内臓が…。まさか、私の両親はこの人に殺された…!? 黒田さんは私に向かってなお銃を構えています。たけうちは悟りました。あぁ、この人だったのだと。そして、復讐を果たすべく、ロイヤルミルクティーピンクに変身します。変身してしまえばその力は通常の200倍(曖昧な記憶)! 武器(金属の棒)を持ちたけうちは黒田さんをぶっ飛ばし、そして、心臓にとどめの一突きをさすのであった…。

と、いうわけでなぜか土曜からの続編になってしまいましたね( ・ω・ )
まさかもう一度ロイヤルミルクティーピンクに変身することになるとは…。
設定が与えられてた分、感情が出やすかったです。
基本感情が死にがちなたけうちなのですが、このときは一番輝いていたとのお言葉をいただきました。
土曜クラスでこの物語をつくってくれたこむろちゃん感謝ですね(笑)

今回お休みの方が多かったのですが、次あたり査定らしいですよ!
がんばっていきましょう(^^)

1コメント

  1. ロイヤルミルクティーピンク!見たかった!!
    見えない第三者に対する対応が丁寧だと身体が真実だと信じるのでリアリティが生まれてくるのでしょうね!大事ですねー!

Comments are closed.