AKIE月間

0
831
マイケル・チェーホフ

 

9月はNOYさんがセルビアに旅立っていたので秋江さんがボディマインド担当でした!

そしてNOYさんおかえりなさい!

 

6direction

 

6方向の意識について。

今までは個人が前後左右上下を意識してその方向の空間を感じることがメインでしたが今回はペアワークをやりました。

Aさんは後ろの意識。

Bさんは前の意識。

つまり、Aさんは前に欲しいもの(行きたい場所)がある。それをBさんが行かせないように止めている状態。こっちの方がいいよ!と必死なB。

最初は物理的に手で押さえて行かせないようにしていたのを最終的には押さえ無しの気持ち、言葉だけでAさんを行かせまいとする。

目に見えない均衡が保たれている状態を表現するのがとても難しい…

Aさんが欲しいものを諦めてしまうことや、BさんがAさんの背中を押してあげることは簡単にできるけど、そんなの見ていて面白くない!葛藤があるからいい!

という感じにいろいろな方向を組み合わせインプロをしました。

 

秋江

 

Psychological Gesture(PG)

歩く

自分が気持ちよいと感じる速さで歩く。心の声を聴く。まっすぐ歩きたいのか、ぐねぐね歩きたいのか等自由に自分を探っていく。

普段から心の声に耳を澄ませてないと少し難しいですね…

次に、指示されたスピードに心を追いつかせる。

自分の心とマッチしない速さで歩くとどこか変な感じを最初は感じる。

そのスピードが気持ちよいと感じるのはどの心なのかを探る。

探るうちに、おびえてる自分と合うとか焦ってる自分と合うとか見えてくる。

そんな感じでウォームアップは終わり。

 

The family of gesture

open(開く)

close(閉じる)

push(押す)

pull(引く)

lift(上げる)

embrace(抱く)

penetrate(貫く)

smash(砕く)

tear(裂く)

wring(絞る)

たとえば「push」

いろいろな押し方を試してみる。

スイッチを押す、壁を押す、背中を押すetc…

そしてさらに細かく押し方を試してみる。なるべく大きく身体全体で。

大きく手を振り上げて勢いよく押す、踏ん張って押すetc…

 

試していくうちに、歩くウォームアップの時と同じように状況や感情が見えてくるポイントがある。

それを探すのが難しいんですよねー…私は大変苦労しました(^^;)

IMG_7085